出品前に過去にどのくらいの価格で落札されたかリサーチしよう

中古車をインターネットオークションで売る場合は、出品前に過去にどのくらいの価格で落札されたか調査をしたうえで開始価格を設定することがおすすめです。たとえば、年式が古い車種であっても、生産数が限られているものや、保管状態が良いものについては、高価格で落札されるケースもあります。そこで、車の売却のためにインターネットオークションを利用する機会が少ない人は、様々な媒体を使いながら価格調査に時間を掛けることが大切です。また、多くの消費者に支持されているメーカーや車種、カラーについては、中古車の専門誌などで特集が組まれることもあるため、日ごろからオークションの出品に役立つ情報を集めておくと良いでしょう。

利用者数が多い中古車専用のオークションサイトがおすすめ

中古車をネット上で売却したい人は、早いうちから利用者数が多い中古車専用のオークションサイトのシステムや手数料について詳しく知ることが大切です。業界大手の企業が運営するオークションサイトの中には、オプション料金を支払うことで出品物を目立たせることができたり、写真や動画の掲載時にフォローを受けられたりするものもあります。 また、インターネットオークションで高値が付きやすい車種の特徴を把握するうえで、実際にオークションをよく利用している人の体験談を参考にしたり、オークションの運営者が開設しているSNSやブログをチェックしたりする方法もあります。その他、出品後になかなか入札者が現れない場合は、一度出品を取り消して複数のオークションサイトに並行して出品をするのも有効です。

中古車のリースは購入をするよりも大幅に費用を抑えられるなどのメリットが多い反面、走行距離など利用に条件が設けられていることがあります。利用をする時は事前に条件を確認しておくことが大切です。