内装や外装を掃除するポイントとは

中古車を売る際、あまりにも汚れが目立つ場合は買取価格に影響が出ることがあるため、ある程度きれいにしておく必要があります。まず車の外装ですが、汚れや傷をしっかりチェックしておき、汚れがある場合はきちんとふき取っておきましょう。ステッカーなどが貼ってある場合は、きれいにはがしておくことも忘れてはいけません。

内装に関しては最低限「足元マット」「車内やトランクの中」「シート」をチェックしておきましょう。「足元マット」はゴミがたまりやすい場所なので、マットを外して掃除機をかけてしっかりきれいにしておくことが大切です。「車内やトランク」の中にもゴミはないか、灰皿に吸い殻が残っていないかを確認します。「シート」は汚れが意外と見落としがちで、目立たないシミがあっても買取価格に影響する場合があり注意が必要です。ウェットティッシュや専用の除去剤などを使い、汚れを落としておきましょう。

内装や外装をきれいにする際の注意点

汚れがなかなか落ちないとついブラシなどで強くこすったり、塩素系の漂白剤など強い洗浄液を使おうとしてしまいがちですが、余計に車が汚れたり傷む恐れがあるのでやめておきましょう。そういった場合は自分できれいにすることはいったん諦め、車のプロであるディーラーや車検を受けた店舗に相談するのも一つの方法です。 「車の汚れが気になっている」という形で話を持ち掛けると、自分でできる方法やプロによる清掃を受け付けてくれることもあります。車検専門店では、車検後のアフターサービスが充実している場合もあるので気軽に相談してみましょう。いずれにせよ清掃に料金がかかるときは、車の査定金額のことも考慮しつつ、しっかり検討することが大切です。少しでも高く買い取ってもらうためにも、できるだけきれいな状態にしておくことがポイントです。