事故の後にパーツ交換をした車は価格が大幅に安くなることも

中古車を買う時には、車種や製造年月、車体の状態などはもちろん、事故履歴についてもしっかりと確認することが重要です。特に、重要なパーツが大破した事故を起こした車については、新車と比べて性能が衰えていたり、購入後にトラブルが起こるリスクが高くなったりするため気を付けましょう。一般的に、事故の後にパーツ交換をした中古車については、比較的新しいモデルであっても買い手がなかなか見つからないことから、格安価格で販売が行われることもあります。なお、中古車販売店によっては取り扱いがある中古車の事故履歴について、店頭で担当者が説明をしたり、公式サイト上に掲載したりしているところもあるため、購入前に必要な情報を集めておくのがおすすめです。

購入後の長期保証を付けてくれる販売店がおすすめ

事故履歴がある中古車の購入を検討するにあたっては、購入後の無償修理や点検などのサポートがしっかりしている販売店を探すことが大切です。大手チェーンの中古車販売店の中には、状態が良い中古車だけでなく、事故歴がある中古車も長期保証を付けているところが多くあり、様々な立場の消費者から支持が集まっています。また、長期保証の対象となるトラブルのケースについては、店舗によって違いがあるため、じっくりとニーズに合う店舗を見極めることが重要です。その他、事故履歴の内容によっては、車検の手続きを取る際に長い時間が掛かってしまうケースもあり、時間に余裕がない人はできるだけ車検時の対応が優れている中古車販売店を選びましょう。